×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

販売士の資格を戦力につなげましょう。3級だった人も1級にレベルアップ。

販売士の3級試験

販売士という仕事について、詳しいことを知っている人はあまりいないのではないでしょうか?販売士の検定試験というのは、文字通り、主に販売業界にいる人がスキルアップや業績を上げる戦力につなげるために取得する資格試験です。デパートや専門店、スーパーでセールスに携わる販売員以外にも、小売店の経営者や卸販売業者、製造業者などにとっても、販売士の知識は必要です。接客に関する知識はもとより、重要な店舗管理のポイントや社会の経済の動きから販売の流れを予測することなど、流通業界で働く人々にとって必要不可欠の知識を身につけることが、業績につながります。販売士のレベルは3級から1級までの階級にわかれています。3級は売り場の担当者や、業界を目指す学生が対象になっています。

販売士の資格をとったら

スポンサード リンク

販売士は流通業界に携わる人々の知識のバロメーターになり、業界唯一の認定資格です。消費動向を予測し、販売に活かすための知識と実力を培うために、この検定を受ける販売員は年々増加しています。この販売士の資格は、検定に合格後、5年ごとの更新を要します。これによって、販売員の能力や知識のブラッシュアップを確実にし、さらに上の階級を目指すためのきっかけにもなります。販売員に受験を推奨している企業では、昇級や昇格に直接つながることも多く、また、資格保有者が増えることによって、店舗管理もスムーズに行く、同じモチベーションが保てるなど、プラス要素を増やします。販売士の3級の資格を社員教育や入社前の事前指導の一環として取り入れている企業もあります。

企業が販売士の資格取得を推奨するわけ

販売士の3級の資格は一番下のレベルなので比較的とりやすく、合格率は約7割と言われています。売り場の販売員への資格取得を推奨する理由は多くありますが、消費者動向とマーケットに知識を深めることにより、顧客の満足度を得られるというのも大きな理由のひとつだと言われています。販売員は商品の知識を完全にすることも当然重要ですが、消費者にとって買いやすいもの、良い物を提案することが前提です。販売士の資格保有者が店舗管理を行うことによって、販売促進の企画の提案や部下の指導、育成もスムーズに行えるようになります。1級販売士の資格をとるぐらいのレベルになれば、経営戦略の即戦力にもなり、販売士の存在が企業にとっても大きな影響と効果をもたらすと言えるでしょう。